高所や遠隔地、森林内やトンネルなど地上計測ground survey

地上計測
ground survey

下記のようなお悩みが解決できます

  • 維持管理や現況計測で活躍します
  • 起工測量から出来形検査までi-Constructionに対応
  • 現場を素早く3D化!
  • 災害時や緊急時に近づくことなく被災現場を3D化!

地上型レーザースキャナー

これまで困難だった広範囲の地形データも取得可能3次元レーザースキャナー

本体から放たれたレーザーが、対象物に当たって戻ってくるまでの時間で距離を計算し、水平角・鉛直角の角度からX・Y・Zの座標を瞬時にデータ化する計測機です。
3次元レーザースキャナー
特徴
特徴
  • 対象物を非接触で瞬時に広範囲を計測
  • 3次元の座標データを計測
  • 座標変換により現地座標に合わせられる
  • 計測データを点群で表現
  • 戻ってくる光の強さを256段階で表現
  • カラー情報を同時取得(R・G・B)
  • 高精度
活用事例
活用事例
  • 高所や遠隔地での測量
  • 夜間の測量
  • 地すべり、がけ面の形状計測
  • 地震・台風等による土砂災害
  • 交通事故現場の検証
  • 道路や交差点のわだち発見
  • トンネル・橋梁・鉄塔など構造物の維持管理
  • 変位、経年的変化の観測、施工時の出来高管理
  • ダム計画地の想定貯水量 など
現場を素早く3D化いたします

現場を素早く3D化いたします

次世代マッピング・SLAMテクノロジーモバイル3Dスキャナー

モバイル3DスキャナーはGPSデータを必要とせず、高密度・高速で室内外を計測して3Dモデル(点群データ)を作成します。 従来のMMSでは困難であった狭い道路、地下街、構造物直下、森林内を瞬時に計測できます。 KAARTA社のStencil 2は軽量小型のハンドヘルド3Dスキャナーで、リアルタイムで点群データを作成します。自動でマッピング(位置情報の取り込みとデータ合成)を行います。 100mまで測定できるため、地下街や室内の3Dモデリング、遺跡・遺構の調査、大型の構造物の検査などインフラの維持管理にも応用できます。 幅数メートル内など道路や極小エリアを片手で持ち歩きながらスキャンできます。 GPSデータを取得できないビルの陰やドローンの規制区域の測量はこれまで、3Dモデルの作成には不向きでしたが、Stencil 2は今後、地上測量の一部として利用され、また空中計測データと合成することで完全な都市モデルや地形モデルを作成できます。
モバイル3Dスキャナー

KAARTA Stencil2

計測手法
計測手法
  • 歩きながらスキャンする
  • 自動車に搭載(30km/h)
  • バイク、自転車にも搭載可能
活用事例
活用事例
  • 森林内の計測
  • トンネル計測
  • 工場内の計測
  • 活用事例
  • 活用事例
  • 活用事例

UAV (Unmanned Aerial Vehicle)

ドローン

従来の測量に比べて、測定やデータ収集にかかる時間と費用を大幅に削減できるというメリットがあります。 航空機を飛ばすという方法もありますが、その場合非常に高額なコストがかかってしまいます。また、航空機に比べUAVは低空で撮影するため、写真自体の精度が非常に高く、解像度も高いので、地形を高精度に計測することができます。 さらに、人が立ち入れないところにもアプローチできるため、土砂崩れの現場や橋梁の下部といった目視困難な箇所の調査でも活躍します。

※UAV(Unmanned Aerial Vehicle):無人航空機

ドローン
  • ドローン
  • ドローン
  • ドローン